どのまぶろぐ:コアラで制作した動画コンテンツをご紹介、過去の動画もお見せします。

ホーム > 映画 > 映画「ラーメン侍」がクランクアップ!

映画「ラーメン侍」がクランクアップ!

とんこつラーメン発祥の地といわれる福岡県久留米市で、3月1日クランクインした映画『ラーメン侍』。

ramen.jpeg

皆さんご存知「大砲ラーメン」のオーナーで、ラーメンフェスタの発案者でもある香月均氏が、地元誌に連載していた「初代熱風録」を元に映画化されました。

3

九州が誇る食文化"とんこつラーメン"と"屋台"にまつわる悲喜こもごもの人間ドラマを、九州ならではの力強さと人情味たっぷりに描いた物語となっています。

舞台となったのは、久留米市内の日吉市場をはじめ一番街や六角堂など。
約3週間にわたり久留米市近郊各所でオールロケされました。

_mg_9601_r100_2

撮影半ば起こった東日本大震災のニュースは現場にも大きな衝撃が。
「こんな大変な時に映画なんか撮っていてもいいのか?と自問した瞬間もあります。ですが、被災地の福島に住む知人からもらった"撮影頑張ってください"というメールに力づけられた。こんな時期に撮影した映画だからこそ、観る人を元気にする映画にしたい」と瀬木直貴監督。

「屋台には都会の居酒屋やレストランにはない人と人とのコミュニケーションがある。
久留米に来て、初めて屋台の醍醐味を知りました。
前半で息子・光、後半で父親・昇を演じ分けるのは大変でしたが、
監督とスタッフに支えられ何とか演じきることができました」と主演の渡辺大さん。

また、昇の妻で光の母親である嘉子を1人で演じた地元・福岡出身の山口紗弥加さんは、
「1つの作品で一人の役を18~53歳まで演じたのは初めて。
特に渡辺さんとは前半、母と息子、後半、妻と夫と関係性も変わるので気持ちを切り替えるのが大変でした。
脚本を読み、一杯のラーメンからこんなに豊かなドラマが生まれるのか、と感動しました。とんこつスープのように味わい深い、濃厚な映画になると思います」とコメント。

3_2
左から山口紗弥加さん、渡辺大さん、瀬木直貴監督。

映画はティ・ジョイ配給にて10月22日(土)より九州一斉公開を予定です!
お楽しみに!

【STORY】 父の訃報を聞き、故郷・九州に戻って家業のラーメン店を継ぐ事にした光(渡辺大)。だが、父に反発して家を飛び出し東京のデザイン事務所に勤めていた光にとって、父親が残した店は重荷でしかなかった。ラーメン作りにも自信がもてず、従業員とも衝突する日々。そんな中、母親・嘉子(山口紗弥加)と屋台をはしごしながら初めて聞いた昇の逸話。そこから昇が屋台を始めたいきさつや、1杯のラーメンに込めた想いを知った光は、記憶を頼りに父の味を再現しようと試行錯誤を始める...。
(C)『ラーメン侍』製作委員会

2011年4月15日 天神コアラ動画班「どのま」 | | コメント(0) | トラックバック(0)


mixiチェック このエントリー(映画「ラーメン侍」がクランクアップ!)をはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 映画「ラーメン侍」がクランクアップ!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://apple.coara.jp/mt/mt-tb.cgi/20

コメントする

(初めてコメントする場合、承認されるまではコメントが表示されない場合があります。)


新着情報

月別アーカイブ

リンク