どのまぶろぐ:コアラで制作した動画コンテンツをご紹介、過去の動画もお見せします。

ホーム > 映画 > シネマの新時代が到来 ゲキ×シネ『薔薇とサムライ』

シネマの新時代が到来 ゲキ×シネ『薔薇とサムライ』

天海祐希の魅力を最大限に引き出すことに成功した映画じゃないだろうか...

それがゲキ×シネ 『薔薇とサムライ』を観終わったあとに素直に感じた思いだ。

ゲキXシネ『薔薇とサムライ』

キレのある動き、そして女性ならではのしなやかさ、宝塚退団前の公演でみた天海祐希がさらにスケールアップされそこにいた。女海賊、王女と、どんな衣装をも美しく着こなす様、男性俳優顔負けの立ち回り、歌、やはり彼女は舞台で一番輝く女優なのだと確信できる作品だ。

さらに五右衛門役の<劇団☆新感線>看板俳優の古田新太がかもしだすコミカルで力のぬけた演技もずば抜けている。観客を引きこんでは、落とす、また引きこんでは落とす、絶妙なタイミングには力がぬけてしまう。

水と油の様な2人(天海祐希と古田新太)、そして浦井健治、山本太郎、神田沙也加、森奈みはる、藤木孝といった豪華キャスト達がひとつになって歌いあげる様は鳥肌モノだ。

10台を超えるカメラで撮影されたそうだが、生の舞台を観るのともひと味違う、「ゲキ×シネ」はまさに新たなジャンルなのではないだろうか。

今回で9作目をむかえるという「ゲキ×シネ」。

その名が記す通り「演劇の映像」、生の舞台のスピード感や熱気を残したまま、映画館の大スクリーンで見ることができるというもの。あまりのインパクトに病みつきになること間違いないと思う。

2011年6月24日 天神コアラ動画班「どのま」 | | コメント(0) | トラックバック(0)


mixiチェック このエントリー(シネマの新時代が到来 ゲキ×シネ『薔薇とサムライ』)をはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: シネマの新時代が到来 ゲキ×シネ『薔薇とサムライ』

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://apple.coara.jp/mt/mt-tb.cgi/40

コメントする

(初めてコメントする場合、承認されるまではコメントが表示されない場合があります。)


新着情報

月別アーカイブ

リンク