どのまぶろぐ:コアラで制作した動画コンテンツをご紹介、過去の動画もお見せします。

どのまぶろぐで“インタビュー”タグの付いているブログ記事

映画「アフロ田中」松居監督インタビュー

2月18日(土)から公開となる
松田翔太のアフロ姿が衝撃的な異色ラブコメディ「アフロ田中」。
この公開を前に、松居大悟監督に話を伺うことができた。

 

P1180854.JPG

 

Qこの作品を撮る事になったきっかけを教えてください。

 (松居監督) 僕は演劇もやってるんですが、その舞台を見に来てくれたプロデューサーから
「こんどアフロ田中を映画化することになった、だから一緒にやってくれないか」とお話をいただいたんです。
そのときは、簡単なお手伝い程度に考えていたんですが・・・
キャスティングを決める会議のときに「どうしますか?監督」と聞かれまして。
「あ、僕、監督やるんだ。」ってそこで気づいたんですよね(笑)

 (記者)そうだったんですか!?

 僕が監督に選ばれた理由は
アフロ田中の監督は「ベテラン監督に撮ってもらうより、モテない感覚を同世代の視点で描ける人」に頼みたかったからだそうです。

アフロ田中は色々と「ダメ人間」なんですが、
そのダメさを分かってる人じゃないと、ということですね。

演劇でもそうですが、僕は何をやってもダメで光すら当たらないような人を肯定してあげたいなという思いで作品を作っています。
だからこそ、そういう人たちを“見下した”感じにしたくない。ダメな人が成長するような話が嫌いなんです。
ダメな人をそのまま愛してあげたい。アフロ田中は僕と似てますから。

 Q ずばり、一言でこの映画はどんな人に見てもらいたいですか?

 (松居監督)鬱屈(うっくつ)した青春を送ってる方々に是非見てもらいたいですね。
こんな生き方だってあるし、こんな人生だって幸せなんだ…と、コンプレックスをかかえてる人にも見て欲しいです。

――――――――――――――――――――――――――――――

実は松居監督自身も同じような青春時代を送ってきたそうで
(事実、天然パーマで アフロ松居というあだ名がつけられたほど)
アフロ田中の生き方とリンクしている部分もあるそうだ。
ある意味、ダメであることを肯定する生き方もあるということなのだ。

 興味深いところに、監督や松田翔太さんらが撮影の中で話し合い、
台本の中に元々予定されていなかったシーンも撮影されたそうだ。

 例えば アフロ田中(松田翔太)が「ちくしょう!好きだ!」と叫びながら、
ゴミ箱の中に横っ飛びで突っ込む爆笑必至なシーンがあるが
これは、現場で撮影することを決めたんだとか。
(台本に無かったため、美術さんは大慌てでゴミ箱を用意したらしい。)

 しかし、最終的には脚本の思惑通りのすばらしい作品になったとのことで
松居監督は、編集時に西田征史氏の脚本の力に感服したとのこと。

 コアラらしく、昨今のインターネットという媒体を使った映画広告、告知について聞いてみた。

 監督が驚いたのは、mixiニュースに『アフロ田中』の記事が載ってから
様々な人から続々とメッセージが届いたとか。
今までにない媒体形式にはある種の期待はもっていらっしゃるようだった。

 今、不況だけど…飯は喰えるし、仲間もいるし、それにネットにだって繋がってる。
本人が満足出来るならそれでいいんじゃないか!
そんな思いが、ギュッとつまった青春映画に仕上がったようだ。

 松田翔太さん演じる「アフロ田中」と彼を取り巻く、
ちょっとダメな人たちのドタバタ劇を描いた本作、
笑って、元気になれるアフロ田中、必見ですよ!

 

メイン.jpg

 

 【アフロ田中STORY】

強烈な天然パーマでこの世に産まれ落ちた田中広(松田翔太)。24歳になった今も彼女は出来ず、日々をなんとなく過ごしていた。そんな時、学生時代からのダメ仲間大沢(堤下敦)、岡本(田中圭)、村田(遠藤要)、井上(駒木根隆介)のうち、井上が結婚するとの知らせが舞い込む。驚きと共に田中が思い出した“誰かが結婚する時、それぞれの彼女を連れていこう”というモテない男ならではの悲しい約束。「やばい…、これは早急に彼女を作らねば!」そんな田中の前に、お隣に引越してきた加藤亜矢(佐々木希)が現れた!果たしてXデー(ただの友達の結婚式)までに彼女を作ることができるのか!?

218日(土)より、ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13TOHOシネマズトリアス久山、ワーナー・マイカル・シネマズ筑紫野、ユナイテッド・シネマなかま16、シネプレックス小倉 他にて公開!

監督:松居大悟 脚本:西田征史 原作:のりつけ雅春「上京アフロ田中」(小学館「ビックコミックスピリッツ」連載)

キャスト:松田翔太 佐々木希、堤下敦(インパルス)、田中圭、遠藤要、駒木根隆介、原幹恵、美波、吹越満、皆川猿時 / 辺見えみり リリー・フランキー

主題歌:鶴「夜を越えて」(ワーナーミュージック・ジャパン) (2012年/日本/カラー/114分) 配給:ショウゲート 公式サイト:http://afrotanaka-movie.jp/ (C)2012 のりつけ雅春・小学館/「アフロ田中」製作委員会

 

123.jpg

 

2012年2月16日 天神コアラ動画班「どのま」 | | コメント(0) | トラックバック(0)


購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読すれば、“インタビュー”というタグの付けられたブログ記事が公開されたときにすぐにアクセスできます。

購読する 購読する

新着情報

月別アーカイブ

リンク