どのまぶろぐ:コアラで制作した動画コンテンツをご紹介、過去の動画もお見せします。

どのまぶろぐで“邦画”タグの付いているブログ記事

映画「アフロ田中」松居監督インタビュー

2月18日(土)から公開となる
松田翔太のアフロ姿が衝撃的な異色ラブコメディ「アフロ田中」。
この公開を前に、松居大悟監督に話を伺うことができた。

 

P1180854.JPG

 

Qこの作品を撮る事になったきっかけを教えてください。

 (松居監督) 僕は演劇もやってるんですが、その舞台を見に来てくれたプロデューサーから
「こんどアフロ田中を映画化することになった、だから一緒にやってくれないか」とお話をいただいたんです。
そのときは、簡単なお手伝い程度に考えていたんですが・・・
キャスティングを決める会議のときに「どうしますか?監督」と聞かれまして。
「あ、僕、監督やるんだ。」ってそこで気づいたんですよね(笑)

 (記者)そうだったんですか!?

 僕が監督に選ばれた理由は
アフロ田中の監督は「ベテラン監督に撮ってもらうより、モテない感覚を同世代の視点で描ける人」に頼みたかったからだそうです。

アフロ田中は色々と「ダメ人間」なんですが、
そのダメさを分かってる人じゃないと、ということですね。

演劇でもそうですが、僕は何をやってもダメで光すら当たらないような人を肯定してあげたいなという思いで作品を作っています。
だからこそ、そういう人たちを“見下した”感じにしたくない。ダメな人が成長するような話が嫌いなんです。
ダメな人をそのまま愛してあげたい。アフロ田中は僕と似てますから。

 Q ずばり、一言でこの映画はどんな人に見てもらいたいですか?

 (松居監督)鬱屈(うっくつ)した青春を送ってる方々に是非見てもらいたいですね。
こんな生き方だってあるし、こんな人生だって幸せなんだ…と、コンプレックスをかかえてる人にも見て欲しいです。

――――――――――――――――――――――――――――――

実は松居監督自身も同じような青春時代を送ってきたそうで
(事実、天然パーマで アフロ松居というあだ名がつけられたほど)
アフロ田中の生き方とリンクしている部分もあるそうだ。
ある意味、ダメであることを肯定する生き方もあるということなのだ。

 興味深いところに、監督や松田翔太さんらが撮影の中で話し合い、
台本の中に元々予定されていなかったシーンも撮影されたそうだ。

 例えば アフロ田中(松田翔太)が「ちくしょう!好きだ!」と叫びながら、
ゴミ箱の中に横っ飛びで突っ込む爆笑必至なシーンがあるが
これは、現場で撮影することを決めたんだとか。
(台本に無かったため、美術さんは大慌てでゴミ箱を用意したらしい。)

 しかし、最終的には脚本の思惑通りのすばらしい作品になったとのことで
松居監督は、編集時に西田征史氏の脚本の力に感服したとのこと。

 コアラらしく、昨今のインターネットという媒体を使った映画広告、告知について聞いてみた。

 監督が驚いたのは、mixiニュースに『アフロ田中』の記事が載ってから
様々な人から続々とメッセージが届いたとか。
今までにない媒体形式にはある種の期待はもっていらっしゃるようだった。

 今、不況だけど…飯は喰えるし、仲間もいるし、それにネットにだって繋がってる。
本人が満足出来るならそれでいいんじゃないか!
そんな思いが、ギュッとつまった青春映画に仕上がったようだ。

 松田翔太さん演じる「アフロ田中」と彼を取り巻く、
ちょっとダメな人たちのドタバタ劇を描いた本作、
笑って、元気になれるアフロ田中、必見ですよ!

 

メイン.jpg

 

 【アフロ田中STORY】

強烈な天然パーマでこの世に産まれ落ちた田中広(松田翔太)。24歳になった今も彼女は出来ず、日々をなんとなく過ごしていた。そんな時、学生時代からのダメ仲間大沢(堤下敦)、岡本(田中圭)、村田(遠藤要)、井上(駒木根隆介)のうち、井上が結婚するとの知らせが舞い込む。驚きと共に田中が思い出した“誰かが結婚する時、それぞれの彼女を連れていこう”というモテない男ならではの悲しい約束。「やばい…、これは早急に彼女を作らねば!」そんな田中の前に、お隣に引越してきた加藤亜矢(佐々木希)が現れた!果たしてXデー(ただの友達の結婚式)までに彼女を作ることができるのか!?

218日(土)より、ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13TOHOシネマズトリアス久山、ワーナー・マイカル・シネマズ筑紫野、ユナイテッド・シネマなかま16、シネプレックス小倉 他にて公開!

監督:松居大悟 脚本:西田征史 原作:のりつけ雅春「上京アフロ田中」(小学館「ビックコミックスピリッツ」連載)

キャスト:松田翔太 佐々木希、堤下敦(インパルス)、田中圭、遠藤要、駒木根隆介、原幹恵、美波、吹越満、皆川猿時 / 辺見えみり リリー・フランキー

主題歌:鶴「夜を越えて」(ワーナーミュージック・ジャパン) (2012年/日本/カラー/114分) 配給:ショウゲート 公式サイト:http://afrotanaka-movie.jp/ (C)2012 のりつけ雅春・小学館/「アフロ田中」製作委員会

 

123.jpg

 

2012年2月16日 天神コアラ動画班「どのま」 | | コメント(0) | トラックバック(0)

映画「セイジ―陸の魚―」2月6日(月)舞台挨拶付特別有料試写会

2012年2月25日(土)より公開される、伊勢谷友介監督の映画「セイジ―陸の魚―」!

この公開に先駆け、2月6日に 舞台挨拶付特別有料試写会が行われます。

 

main.jpg

 

舞台挨拶の登壇者は伊勢谷友介監督

俳優であり、美術家であり、映画監督でもある伊勢谷さんの

今作品に込めるお話を聞ける、又とないチャンスです。

是非みなさんも参加されてみてはいかがでしょうか?

 

【日 程】2月6日(月)

【時 間】18:30開場/19:00 舞台挨拶 開演

【場 所】KBCシネマ (中央区那の津1-3-21)

【登壇者】伊勢谷友介監督

※登壇者は予告無く変更する場合がありますので、予めご了承ください。
映画本編上映前の舞台挨拶を予定しています。

 【チケット情報】

■     一般販売 1月27日(金)AM10:00~

■     料   金 一般:2000円/大学・高校・専門学校生:1700円/小中学生&シニア:1200円

店頭直接購入:チケットぴあ店舗:サークルK・サンクス/セブン-イレブン

インターネット購入:http://t.pia.jp/cinema/

電話予約:0570-02-9999

【STORY】

まだバブルの熱気が残っていた時代。学生最後の夏休みを迎えた「僕」(森山未來)は、適当に就職先を決めて、一人自転車旅行に出かけた。見知らぬ街をいくつも越えた時、衝突事故を起こして旧道沿いに立つドライブイン・HOUSE475に辿り着く。普段は寡黙だが心を捉える言葉を持つ店主のセイジ(西島秀俊)と、夜な夜な集まる個性的な常連客たちに強く惹かれた「僕」は、いつのまにか住み込みで働くようになる。見知らぬ場所の、自分とは全く別の人生をおくる人々との毎日は刺激的で楽しく、「僕」は居場所を見つけたような気分になるのだが・・。セイジのことがもっと知りたくなった「僕」は、密かに彼の周辺を探り始める。そんな矢先、平和な日常を一瞬で吹き飛ばしてしまうような事件が起こる。

 

キャスト/西島秀俊 森山未來 裕木奈江 新井浩文 渋川清彦 滝藤賢一 二階堂智 津川雅彦
監督/伊勢谷友介 原作/辻内智貴 配給/ギャガ+キノフィルムズ PG-12

http://seiji-sakana.com    ©2011 Kino Films/Kinoshita Management Co.,Ltd

2012年2月25日(土) KBCシネマ1・2他順次 公開

2012年1月26日 天神コアラ動画班「どのま」 | | コメント(0) | トラックバック(0)

映画「ヒミズ」園子温監督舞台挨拶&試写会レポ

 

2012年1月14日(土)公開となる、映画「ヒミズ」

メイン.jpgのサムネール画像のサムネール画像

それに伴い、12月19日、園子温監督の舞台挨拶と試写会がT・ジョイ博多で開催されました!

P1110931.JPGP1120009.JPG
この「ヒミズ」という作品。

原作は、ギャグマンガの伝説といっても過言ではない「行け!稲中卓球部」の生みの親、
古谷実が放った問題作。

何が問題って、
古谷実が武器としてきた、ギャグ路線を封印し、
それがまた、暗く、重い内容で・・・。(ああ、記事を書いてるだけで胃が痛くなる。)
しかし、根強いファンが沢山いる作品なのだ。

今回メガホンをとったのは、
映画『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』、ドラマ「時効警察」の園子温監督。
 
古谷実と園子温監督、二人の鬼才が生み出した驚愕の化学反応。
良い意味で言葉を失ってしまう素晴らしい作品だ。

 

P1120005.JPG

―「いい青春映画になったんではないかと思います」

園子温監督が舞台挨拶最後でのべられた一言。

この映画を最後まで観てみて、その通りの作品だと感じた。
映画がスタートし、今まで観た映画とは確実に違う何かを感じていた。
ある種、違和感でもあるが、なんとなく心地よくもあった。

それが何なのか分かったのは、上映時間が半分あたりを過ぎてからだろうか…

監督が舞台挨拶の冒頭でこの作品を作るにあたって拘ったところのひとつとして

P1120034.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

「原作が漫画だとコスプレ大会になってしまいがち。だから漫画のキャラクターと俳優は必ずしも似ている必要はないのだ」とか。
そして「原作を映画に忠実に移植していく」

僕が感じていた違和感は、どうもこの監督の言葉の中にあったのではないか…。


キャラクターの非現実的なところが…とっても漫画的だった。
カット割が…とっても漫画的だった。
そして主人公の住田、茶沢が持つ不思議な魅力が…とっても漫画的だった。


実写なのに、作品としては原作の〝スピリット″を込める事で、イメージを壊さない、なるほどの作品だ。

絶望の果てに、二人がみたものとはー?
きっと感動するだろう。

■story 

愛と希望にむせかえる、まさかの「ヒミズ」実写版。世界が絶賛!魂を揺さぶる珠玉の青春感動作! 未来を失くした少年と、愛にすがりつく少女。  孤独を共鳴させながら、狂った世界を掘り進む― 「行け!稲中卓球部」で時代を確立したカリスマ漫画家・古谷実がギャグ路線を完全に封印した超問題コミック「ヒミズ」。 渇望されつつも、「まさか」と思われていたこの作品の実写化を実現させたのは、 刺激的かつ野心的な作風で今、最も目が離せない鬼才監督・園子温。 日本の漫画界、映画界を代表する2人がタッグを組んで放つ、「ヒミズ」はとてつもない。 その驚愕の化学反応は、猛々しく凶暴にして、壮絶に切なく、圧倒的な感動で観る者すべての心を揺さぶる。 実写版「ヒミズ」。あなたの想像は必ず裏切られる。 これは愛と希望が溢れかえる、究極の感動作。これを観たら、もうそれまでのあなたではいられない。

 

●監督・脚本:園子温  原作:古谷実「ヒミズ」(講談社『ヤングマガジン』KCスペシャル所載) ●出演:染谷将太 二階堂ふみ 渡辺哲 吹越満 神楽坂恵 光石研 渡辺真起子 黒沢あすか でんでん 村上淳  窪塚洋介/ 吉高由里子 /西島隆弘(AAA)/ 鈴木杏 製作・著作:ギャガ・講談社 制作プロダクション:ステューディオ スリー 配給・宣伝:ギャガ ©「ヒミズ」フィルムパートナーズ

【お問い合わせ】 ギャガ 九州グループ TEL:092-739-3100 

2012年1月14日(土)T・ジョイ博多/KBCシネマ1・2、TOHOシネマズ トリアス久山 他公開

 

2011年12月21日 天神コアラ動画班「どのま」 | | コメント(0) | トラックバック(0)


購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読すれば、“邦画”というタグの付けられたブログ記事が公開されたときにすぐにアクセスできます。

購読する 購読する

新着情報

月別アーカイブ

リンク